2018年 03月 02日 ( 1 )

麻紐かご(和布)が7つ

c0179853_11242085.jpg


 麻紐かごを編んだ。
 写真では5個だけど、実際は7個。在庫の5個を作るつもりでいたのだが、全部の完成を待たずに途中で営業部長(夫)が2個納品してしまったので、しかたなく、2個を編み足した。

 縁取り布は和布。

 麻紐かごの縁取りは、棉麻の布にかぎると思っていたのだけど、昨年末に、お正月用にと試しに和布で包んでみたら、すぐに売れたようだ。お店に売れ残っていなかったので、和布を使ったことすら忘れていた。過去ブログの写真を見て思い出し、再び作ってみた。しかし、柳の木の下に2匹目のドジョウはいないかもしれない…。

 販売を委託している雑貨<葉音>さんで、『きんちゃく展』をしていた。県外の作家さんの作品を見る機会ってないので、納品をかねて見に行った。

 たくさんの作品を見ていろいろと刺激を受けたが、なかでもすごくいい布地(お話によると、メートルが2万円近いとか)を惜しげもなく切り刻んでパッチワークにした、掌サイズの籠型巾着が素敵だった。しかし、お値段もそれ相応にお高い。

「こういうのって、売れるのかなあ?」と思っていたら、目の前で、残っていた2つが売れてしまった。その日は、朝に仕入れた4つが、お昼すぎに完売となったそうだ。

 手作り品を販売する者として、いいものをそれ相応の値段をつけて売るか、安い布地で大量生産して安く売る路線でいくか、いつも悩むところ。目の前で完売したところを見たからと言って、自分もそれでいくとは決められないが、それにしても衝撃的ないい刺激をもらった。

 

 


[PR]

by miman57 | 2018-03-02 11:26 | 作ったもの | Comments(0)