2018年 03月 06日 ( 1 )

子ども用マスクを5枚、縫った

c0179853_06195832.jpg

 子ども用マスクをお店に並べていたら、男の子用だけを選んで買ってくださっていた人がいたので、男の子用マスクを5枚、追加で縫った。
 
 しかし、これをお店に並べても、売れるという保証はない…。小商いって、「柳の下に2匹目のドジョウはいない」ということが、多いのだなあ。
 これで今シーズンのマスク製作はお終い。

 ところで、前回のブログで書いた衝撃的な刺激をもらったいい布地を使った<籠型きんちゃく袋>。検索したら、作者に行きついた。

 その人の作った過去作品を見ているうちに、「メートル2万円近いいい布地を使った結果というのでもない。布合わせのセンスがいいのだなあ」と、気がついた。

 こういうセンスは生まれ持ったものだと思うので、私がこの布地を使ったところで、彼女のような雰囲気のあるものが作れるというものでもない。ものすごく残念で悔しいけれど、しかたがないことはしかたがないのだ。

 そしてこの布地、「この雰囲気、なんか知っている」と思っていたのだけど、NHKテレビの『プロフェッショナル』とかいう番組で紹介されたデザイナーさんの布地だった。あの番組も、私には衝撃的だったなあ。

 こだわって布地を作っているデザイナーさんも、その布地を使って雰囲気のある小物を作っておられる作家さんも、とてもとても真似したくっても、逆立ちしたって出来るものではない。それでも、66歳引きこもり老女の私に<衝撃>という刺激を与えてくれた。

 それからまたまた思うところあって、ごちゃごちゃと作っている物のカテゴリーを、作品名別ではなく、<作ったもの>1つに戻します。私の場合、何かを作りたいとかいい物を作りたいとかいうのではなくて、作っている時間が好きなだけなんだと気がついた。
 




[PR]

by miman57 | 2018-03-06 06:26 | 作ったもの | Comments(0)