2018年 03月 19日 ( 1 )

夫が職場復帰した…

c0179853_08042900.jpg

 職場の機械に指を挟んで、指先切断となるのかと一時は覚悟したほどの怪我を負ってしまった夫。 なんとまあ、1か月の休職を経て、職場復帰することになった。

 私は、99%の確率で、退職すると思っていた。
 いや、退職して欲しかった。
 力仕事の職場で、71歳のお爺ちゃんが怪我をしたのだから、「これで辞めてもらえる」くらいに、職場の同僚は思っているだろうとさえ、想像した。

 私自身も、朝の5時半に起きて、お弁当を入れるのはもういやだ。
 働いているから、朝昼晩の食事が食卓に並んでいて当然と思っているらしいのも、もういやだ。
 働いていて忙しいから、この家の時間の使い方は、自分が決めて当然と思っているらしいのも、もういやだ。
 働いて稼いでいるから、お金の使い方にも主導権は自分にあって当然と思っているらしいのも、もういやだ。

「そんなこと、わしは期待していない。出来る範囲でやってもらったのでいい」と言ってもらっても、40年間の身に染みついた主婦根性で、夫に従って我慢してしまう自分の体と心が、ほんとうにもういやだ。

 そして「はやく治るといいですね」「無理しないでくださいね」「職場復帰、待っています」と、同僚たちからもらったメールをうれしそうに見せる夫に、どうしようもなく腹が立ってくる自分も、ものすごくいやだ。






[PR]

by miman57 | 2018-03-19 08:06 | 日々に想う | Comments(5)