2018年 04月 02日 ( 1 )

囲碁クラブ、どうしよう…?

c0179853_00341475.jpg

 囲碁クラブ総会お知らせの電話があった。
 それから数日して、「人が集まらないから、総会は中止です。会計さんが体調悪くて、会計報告も出来ないそうなので」という電話があった。(笑)って入れようかと思ったけれど、皆さんの年齢と現実を考えると、(笑)ではないなあ…。

 ところで、「クラブに出ておいで」って誘われているのだけど、どうしよう…?

 熱心なお爺さんたちは、全員、皆さん、かなりのお歳で、そして、全員、奧さんが亡くなってしまって一人暮らしのはず…。
 私、感受性が強いので、そういうこと、びりびり伝わってくるんだなあ…。
 突然、お爺さんの機嫌が悪くなったり、体調が悪くなったり…。
 果たして、私、心理的に受け止められるかな…。
 
 それから、初めて囲碁クラブに飛び込んだ時から、もう10年。
 私も歳をとったのだ。

「笑って、ごまかすな」
「イライラする」
「囲碁の精神がわかっとらん」
 と言われて、私も、ニコニコとばかりはしておられんかもしれんなあ…。

 写真のように、こんな状態で、パソコンに入れた『100万人のための3D囲碁』を楽しんでいる。
 10年の間にいろいろあって、それでも挫折することなく、ここまで打てるようになった。
 画面の白黒の石の並びを見て、何が起きているのか理解できるって、<人生の財産>だなあってつくづく思う。
 
 




[PR]

by miman57 | 2018-04-02 00:36 | 囲碁日記 | Comments(2)