2018年 05月 15日 ( 1 )

母の日のプレゼント

c0179853_08500701.jpg

 お嫁さんが、母の日のプレゼントを持ってきてくれた。

 長男長女夫婦から、母の日のプレゼントもらうようになって、10年が過ぎた。最初は、プレゼントの商品にお互いの腹の探り合いみたいなところがあったのだけど、、最近は、どちらもコーヒー豆で落ち着いている。ただし、同時にもらうと、さすがにダブるので、長女のほうは日をずらしてもらっている。

 私は、コーヒーが大好き。

 友人とランチとかお茶とかしないので、専門店で購入した豆でコーヒーを淹れて1日3杯くらい飲むのが、唯一の贅沢であり気晴らしだ。一部のコーヒー豆は、宅配までしてもらっている。これが、お高いけれど、癖がなく後味すっきりで、ほんとうに美味しい。

 そうそう、私は、コーヒーが好きでよく飲んではいるけれど、飲んで豆の種類とか産地がわかるほど通ではない。ただ、美味しいか美味しくないかは、わかる。というか、美味しくないコーヒーは、はっきりわかる。自信を持って、淹れてくれた人にではなく、目の前のコーヒーに対して「あんたは、美味しくないね」と心の中で言ってやる。

 「毎日、こだわって飲んでいるのに、種類も産地もまったくあてられないとは、情けない」と長女にこぼしたら、「美味しいか美味しくないかがわかるって、大したものよ」と、変な慰め方をしてもらった。それで、自分のコーヒー好きに、ちょっと自信が持てるようになった。

 これほど好きで、毎日飲んでいるので、手作りのコースターを敷いた素敵な砥部焼のマグカップの紹介もかねて、「今朝の一杯」なんていうカテゴリを設けたいなあと思案中。

 



[PR]

by miman57 | 2018-05-15 08:53 | 日々に想う | Comments(0)