2018年 08月 09日 ( 1 )

50局目

c0179853_08072026.jpg

 今年の6月に買った新しい囲碁ソフト・アンバランス社の『最強の囲碁(新・高速思考版)』を使いこなせないでいる。

 6月に買ったけれど、<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>作りで忙しくて、ほとんど対局していないということもあるのだけど…。それよりも、その前に使っていた『100万人のための3D囲碁』と、かなり違った打ち方をしてくるので、それに慣れることが出来ない。

 すぐに切り違えてくるし、「どうしていまそこへ打ってくるの?」という感じで、私の作りかけた陣の中へすぐに入り込んでくる。「その手は嫌がらせなの? それもと陽動作戦っていうものなの? それとも先の読めない私が理解できないだけで、上級者が打つ素晴らしい一手?」 

 そして、私への次の一手のヒントも、当然ながらそうなってくる。ヒントをもらっても、どうしてそこへ打つのか、理解できない。ストレスマックス! ほんと、困ったものだ。

 でも、アマゾンで商品レビューを読むと、皆さんが褒めているので、やっぱり、私がその一手を理解できる域に達していないということなんだろうなあ…。(涙)

 AIの強さを最弱から最強までの5段階に出来る上に、囲碁には置き碁でハンディをつけることもできる。その2つをうまく組み合わせれば、なんとか、ぎりぎり勝てるストレスフリーの対局が出来るようになるんじゃないかと、思案中。

 そうそう、今年の3月2日からソフトとの対局結果を印刷し始めて、5か月目の昨日で50局目となった。次の60局目には、『最強の囲碁(新・高速思考版)』が使いこなせるようになっているといいなあ。





[PR]

by miman57 | 2018-08-09 08:10 | 囲碁日記 | Comments(0)