カテゴリ:囲碁日記( 58 )

囲碁ソフト『最強の囲碁(新・高速思考版)』

c0179853_06010082.jpg

 新しい囲碁ソフトを買った。アンバランス社の『最強の囲碁(新・高速思考版)』。ちなみに以前に持っていたのは、同じくアンバランス社の『100万人のための3D囲碁』。
 
 『100万人のための3D囲碁』は、発売日が2010年4月、最強レベルでその実力は3級前後との噂。そして今回購入した『最強の囲碁(新・高速思考版)』は、発売日が2011年7月、その実力は2~3段とのこと。

 新しい囲碁ソフトを買うにあたって、最新の『天頂の囲碁7・Zen』(その実力はプロ九段に匹敵するらしい)か、『最強の囲碁(新・高速思考版)』するかかなり悩んだ。『天頂の囲碁7・Zen』のプロ九段なんていう機能は必要ないが、設定は7級から出来るらしい。

 それで卓球を趣味とする夫に、「あなたに合わせてレベルを落としてくれた福原愛ちゃんと練習するのと、これまたあなたに合わせてレベルを落とした○○さん(地域の卓球クラブで、夫よりも強い人)と練習するのと、どちらがいい?」と聞いたら、「それは○○さんだろう。自分に合わせてレベルを落とした福原愛ちゃんは、ワシと打ち合ってもつまらんだろうし、その愛ちゃんの思いは伝わってくるものなので、ワシもみじめで面白くない」との、即答。

「う~~ん、感情を持たないAIと人間を比べてもなあ…」とは思ったのだけど、「まあ、囲碁上達を焦ることもない。AIの進化を楽しむのも一興か。それに値段も安いし、前のと同じ会社の製品であれば、使い方もわかっているし」ということで、『最強の囲碁(新・高速思考版)』にした。

 さっそく実際に使ってみると、『100万人のための3D囲碁』とはぜんぜん違った打ち方に戸惑った。この戸惑いを、囲碁初心者の私がいま言葉で説明するのは難しいが、いつか出来たらと思う。

 レベルと置き石の数も替えてみたりと、いろんなパターンで打ってみた。それでいまのところ、レベル最強で置き石の数9個で打つというパターンで落ち着いている。私にいつも置き石9個で相手をしてくれる囲碁クラブの会長さん(アマ5段)より、ちょっと弱いなっていう感じだ。

 下の写真は、その最強レベル置き石9個で、私が65目勝った写真。
 もちろん<待った>連発で、場合によっては10手くらい戻したりもしている。『100万人のための3D囲碁』よりも積極的に攻撃してくるので、勉強になる。

c0179853_06010576.jpg

 

[PR]

by miman57 | 2018-06-19 06:03 | 囲碁日記 | Comments(0)

新しい囲碁ソフトを買おうかな?

 先週の囲碁クラブは、怖そうなお爺さんの心無い言葉に傷ついた私だが、時間が経つにつれ、「ああ、もっともな言葉だなあ。言ってくださって有り難かったかも?」と思うようになった。

 1つは、「囲碁には、相手がこう打ってきたら自分はここに打つという形がある。それは、たくさん打って覚えるしかない」という言葉。

 先日、NHKテレビの囲碁講座を見ていて、「形が覚えられない」という視聴者の質問に、プロが「覚える必要はない。たくさん打っているといつのまにか身につく」というような回答をしていたが、そういうことなんだなあ。

 もう1つは、「欲張るな。2眼作って、とりあえずそこで生きることを考えよ」

 そうなんだ…。お爺さんたちのようなアマ有段者を相手に置き碁で打つ場合、練習用に使っているソフト『100万人のための3D囲碁』で打つ時のように、ゆったり大きく囲んで境界線で小競り合いをするという打ち方では、私は全滅してしまうのだ。

 …ということで、もう少し強い囲碁ソフトに買い替えようかなと考えている。
 
 今、囲碁で強いソフトと言ったら、『天頂の囲碁・Zen7』かな? 
 最高棋力プロ九段だそうだ。Zenは、あの井山裕太プロにも勝ったらしい。

 1万円くらいする。趙治勲名誉名人・万波奈穂三段と、疑似対戦できるみたい。話のネタに買ってみようかと思ったけれど、しかしどう考えても、私にここまでの機能は必要ないなあ…。(笑)

 調べていたら、『100万人のための3D囲碁』の進化版があるらしい。『100万人のための3D囲碁』と違って、かなり攻撃的な打ち方をしてくるようだ。これを買おうか…。


c0179853_08182348.jpg

 ところで、『100万人のための3D囲碁』で100局打つのだと決めて、現在、35局目。

「どうして、お爺さんたちは、あんなに深く打ち込んでくるのだろう?」と考え、「私が、『100万人のための3D囲碁』相手に、お爺さんたちのように打ってみたら、どうなるのか?」ということで、ちょっと冒険してみた。

 結果は、<最強モード>置き石無しで、18目半勝った。
 私の打ち方に『100万人のための3D囲碁』は面食らったようで、(笑)、思考時間は長いし、そしてヒントは境界線を固く守る手を出してくるので、役に立たない場面が多い。

 打ち終わって、私の囲碁思考、階段をワンステップ上がったような感じがした。




[PR]

by miman57 | 2018-06-06 08:26 | 囲碁日記 | Comments(2)

久しぶりの囲碁クラブ・2回目

 5月に囲碁クラブに復帰したものの、先週の囲碁クラブはお休みした。着替えもして化粧もしたのに、玄関から出る勇気がなかった…。まるで登校拒否の子どもじゃないか。

 しかしこの10年、何度も挫折しているので、挫折慣れしている。ここまで支度してもいけない日っていうのもあるだろう。囲碁とは長い付き合いだ。そういう時もあると、自分を責めない、責めない…。

 …ということで、今日は気合を入れるために朝風呂に入って、化粧して着替えして、ああよかった、玄関から出ることが出来た! 

 会場まで歩きながら、自分に言い聞かせた。
「これから私は碁を打ちにいくんじゃない。お爺ちゃんたちと遊ぶのだ」って。(笑)

 しかしながら、今日は、私の下手なのを「そうか、そうか」と赦してくれる優しいお爺ちゃん2人はお休み。それでもお1人は、私を叱ると次から来なくなる惧れがあるということをこの10年で知ってくれているようで、あまり厳しいことは言わない。

 今までそんなにお顔を見たことのなかったもう1人が、怖かった…。
「どうして、こんなことも知らないんだ」って感じなんだけど、パニックっている私にそんなこと言っても、ますますパニクるだけなのになあ。

 来週は、また拗ねて囲碁クラブお休みするぞ~~~。

 それにしても、よくまあ、10年も続いたなあ。
 私って、情けないのか根性があるのか、自分でもわからない…。

 ところで、町内のお婆さんが囲碁クラブを見学に来られた。
 囲碁とオセロの区別がわかっていない、そんな感じだった。

 申し訳ないけれど、その年齢では、教えることには慣れていない段持ちのお爺ちゃんたちの中で、囲碁を覚えていくのは難しいと思う。でも、そういう私の予想を裏切って、お婆ちゃん根性を見せてくれたら、私、大興奮だわ~~。
 
 私も、囲碁クラブに来るまで、囲碁は石取りゲームだと思っていた。




[PR]

by miman57 | 2018-06-03 12:35 | 囲碁日記 | Comments(0)

久しぶりの囲碁クラブ

c0179853_08131013.jpg


 囲碁ソフト『100万人のための3D囲碁』で、石の切断&接続と2眼出来ているかどうかに目が慣れてきたので、久しぶりに囲碁クラブに行ってきた。

 本当に久しぶりだ。1年前の囲碁クラブの総会に出席して、その後行っていないから、ちょうど1年ぶりだ。

 あの時、「また、囲碁クラブ、頑張るぞ~~!」と思って、「そのためには、WiiUを手放す!」と決心したのに、「ゼルダの伝説が面白い」と長男に言われて、WiiUを手放す決心はどこへやら…。『ゼルダの伝説』に溺れてしまった…。

 しかし、今年の1月に、夫より厳しいゲーム禁止令が出て、WiiUを手放した。ゲーム中毒患者なので、TVゲームが出来ないのだったら、囲碁でもするしかない状態だ。

 久しぶりだったので、お爺ちゃん達の対局を見るだけで帰るつもりだったのだけど、「ミマンさんの好きなだけ、黒石を置いていいぞ」と言ってくださるお爺ちゃんがいたので、頑張って対局した。9子置いても、「ほんとうに、これでいいんかね?」と、お爺ちゃんは余裕だったわ~~。

 やっぱり長年やっているお爺ちゃんは強いなあ。

 …というか、囲碁ソフト『100万人のための3D囲碁』が弱いのだろう。『100万人のための3D囲碁』のAIは、きれいな境界線で陣地を分け合うようにプログラミングされているんだと思う。お爺ちゃんは、『100万人のための3D囲碁』だとここに打ってくるだろうと思う場所より、2線くらい深く内側に食い込んで打ってくる。

 写真は『100万人のための3D囲碁』最強で5子局だけど、実戦ではこんなふうにお互いにきれいには囲めない。私は黒石が切断しないようにとそこばかり気をつけて打ったので、かろうじて2~4眼を持った蛇が3匹、ずるずると碁盤を這っているような形になった。
 
 最初は、「おお、碁盤が真っ黒だ。これは困った」なんて言い、私が打つと、「おお、それはいい手だ」と褒めつつ悪い手はさりげなく直してくれて、それでも最後は、やっぱりお爺ちゃんの勝ち。でも、気心の知れた人と、ああだこうだと言いながら打つのは、楽しい。

 それにしても、90歳に近いお爺ちゃんにとって、減らず口を連発する私は<可愛いお嬢ちゃん>なんだなあ。66歳で、可愛いお嬢ちゃんでいられる場所があるのも、なかなかにいいものだ。

 



[PR]

by miman57 | 2018-05-23 08:27 | 囲碁日記 | Comments(0)

『100万人のための3D囲碁』20局目

c0179853_07175597.jpg

 囲碁ソフト『100万人のための3D囲碁』でとりあえず100局打つのだと決めて、そして10局目ごとにブログで『囲碁日記』を書くのだと決めて…。あらまあ、10局から20局までに、ちょうど1か月かかっている。

 突然、小説を書き始めたり、足をねん挫したり…。さぼった理由はたくさんあるのだけど、ぼちぼちと続けているんだから、偉いじゃないか、ミマン!

 この囲碁ソフト『100万人のための3D囲碁』、AIの強さは10通りあって、いろいろ打ってみた結果、本格派レベルの最弱で5子置くところから始めることにした。もちろん、<ヒント>も<待った>も、ばんばんありだ!<待った>で、10手くらい元に戻すのは、しょっちゅうのこと。

 勝ち負けが目的ではなくて、最良の一手探しが目的。(なんて、言い訳か…)

 下手なのに、TVゲームのアクションがちょっと混ざったロールプレイングゲームが好きで。アクションの技術がまったくないのを、時間をかけて繰り返し、アイテムを稼ぐということでカバーしてきた。そのやり方が囲碁にも表れている。しょせん、<囲碁>もゲームだ。

 本格派レベルの最弱で5子置きで、ヒントを参考にし、黒白でお互いに陣地をきれいに分け合う形にすると、私が常に40目くらい勝つ!

 でも、ヒント無視で、最初の布石で強気に出ると、80目くらい勝つ!しかし、この場合、白黒が入り乱れるから、写真のようになる。こういうふうに白黒が入り乱れると、私はまだ盤上の形勢が把握できないのだ。

 しかし、人と打つと、こういうふうに入り乱れてくるのが普通だ。(これでもまだましなほうかな)

 初心者向けの囲碁ソフトみたいに、境界線のはっきりしたきれいな陣地分けにはならない。初心者向けの囲碁ソフトや本で囲碁を覚えて、囲碁ってこういうものかと思って人と打つと、あまりのドロドロした展開に驚いて腰が抜けるぞ。(笑)

 


[PR]

by miman57 | 2018-05-13 07:21 | 囲碁日記 | Comments(0)

『100万人のための3D囲碁』10局目


c0179853_08191691.jpg

 パソコンに取り込んでいる囲碁ソフト『100万人のための3D囲碁』で100局打つのだと決めて、10局打ったので、がんばった記念にブログに書く。(笑)

 ほらね、ちゃんとバインダーも用意してるよ!
 これに、100枚、コピー用紙集まるかな…?

 若くもないし囲碁向きの脳みそでもない私の囲碁上達方法っていったら、もう、打つしかないのだなあ。

 囲碁って、白黒の石がこういう形に並んでいる時は、ここに打てという形がいくつもあるのだけど、まったく覚えられない。それで、何局も打っていて、なんか一つそういうものを覚えられれば、ラッキーって言う状態…。

 まさに、「3歩進んで、2歩下がる」の歌詞通り。でも、この3歩の進みが、私の場合、何局打ったことをいうのか。「3局打って、2局下がる」ではないのだなあ。「300局打って、299局下がる」のかも。

 下の写真は、春休みに長女のところの孫が来ていて、私が『100万人のための3D囲碁』をやっているのを見ていて、「私も打ちたい」と言ったので、やらせてみたもの。

「このボタンが<待て>、このボタンが<ヒント>」って教えたら、この春から小学5年生と2年生の孫たち、一人で打っていた。小学5年生の孫なんか、下の孫の棋譜を私が印刷をしているのを見ていて、打った後、「ばあば、印刷、してもいい?」だって。

 ああ、若い脳みそって、ほんと羨ましい。

 左が小学5年生の孫の棋譜、右が小学2年生の孫の棋譜。
 2年生の孫のほうが、囲碁をよく理解している。

 9路盤の印刷は棋譜を正確に反映できないみたいで、ちょっと変なことになっている。
 でもまあ、記念にっていうことで。

              
c0179853_08192186.jpg




[PR]

by miman57 | 2018-04-12 08:29 | 囲碁日記 | Comments(0)

囲碁クラブ、どうしよう…?

c0179853_00341475.jpg

 囲碁クラブ総会お知らせの電話があった。
 それから数日して、「人が集まらないから、総会は中止です。会計さんが体調悪くて、会計報告も出来ないそうなので」という電話があった。(笑)って入れようかと思ったけれど、皆さんの年齢と現実を考えると、(笑)ではないなあ…。

 ところで、「クラブに出ておいで」って誘われているのだけど、どうしよう…?

 熱心なお爺さんたちは、全員、皆さん、かなりのお歳で、そして、全員、奧さんが亡くなってしまって一人暮らしのはず…。
 私、感受性が強いので、そういうこと、びりびり伝わってくるんだなあ…。
 突然、お爺さんの機嫌が悪くなったり、体調が悪くなったり…。
 果たして、私、心理的に受け止められるかな…。
 
 それから、初めて囲碁クラブに飛び込んだ時から、もう10年。
 私も歳をとったのだ。

「笑って、ごまかすな」
「イライラする」
「囲碁の精神がわかっとらん」
 と言われて、私も、ニコニコとばかりはしておられんかもしれんなあ…。

 写真のように、こんな状態で、パソコンに入れた『100万人のための3D囲碁』を楽しんでいる。
 10年の間にいろいろあって、それでも挫折することなく、ここまで打てるようになった。
 画面の白黒の石の並びを見て、何が起きているのか理解できるって、<人生の財産>だなあってつくづく思う。
 
 




[PR]

by miman57 | 2018-04-02 00:36 | 囲碁日記 | Comments(2)

『100万人のための3D囲碁』


c0179853_07422172.jpg


 張栩さんの『よんろのごのほん』の問題集をやっていて、突然、ブログにはまだ書けないことに夢中になって、それもちょっと熱が冷めてきたら、今度は、囲碁を19路盤で打つことにした。

 書いていて、あまりの節操のなさに、自分でも笑える…。

 初めは、対局なんてしたくない。
 ずっと詰碁を解いていたのでいいと思っていたのだけど。

 ほんと久しぶりに、『100万人のための3D囲碁』の13路盤で数局打って、「13路盤って、時間がかからないから、いいな。そうだ、これで行こう!」って思ったのだけど。

「あら、これでは、石の接続や切断を見分ける勉強にならないわ」ということで、19路盤になってしまった。

「そういや、以前に、『100万人のための3D囲碁』で100局打つ、いや、打って、100枚の棋譜を集める」なんてことを決心したなあと思い出し、過去ブログを読み返したら、昨年の6月に、そんなことを書いていました…。

 なんで、挫折したのかな…?
 やっぱ、TVゲーム『ゼルダの伝説』のせいだな…。

 ということで、また、再び、100枚棋譜集めっていうのを計画してみます。

 『100万人のための3D囲碁』19路盤で<最強モード>置き石なしです。
 初めの50局は、ヒントを大いに活用するのだ。(笑)

 




[PR]

by miman57 | 2018-03-26 07:45 | 囲碁日記 | Comments(0)

またまた、囲碁クラブ復帰かな…?

 11年に1度廻ってくる神社の春の大祭の町当番にあたり、しばらく集会場が使えなかったが、大祭も無事に終わり、昨日、「囲碁クラブ、再開します」との世話役さんからの電話があった。

 そういえば、この世話役さんのお爺さんの奥さん、囲碁クラブがお休みだった間に、亡くなっているんだよなあ。(ほんとに、ごく最近…)、確か1人暮らしになられたはずだが、電話をくださったということは、囲碁クラブを続けられるのか。

 囲碁クラブに積極的に参加されるお爺さんたちは、4人前後で、そのうちお2人に奥さんがいなくて、一軒家に独り暮らし。女性の方が長生きするということからみても、なかなかに高い確率だ。
 囲碁って、認知予防に、そして質の長寿に繋がっているのかなと思う。

 ということで、「囲碁クラブ復帰、どうしようか?」と思い、とりあえず、どこまで打てるのだろうかと、パソコンに入れている囲碁ソフト『100万人のための3D囲碁』の13路盤<最強>で打ってみた。

 なんとまあ、時々、ヒントをも見てしまったけれど、けっこう私って打てるじゃないですか!
 コミなしで26目、勝ってしまった。

 囲碁は、何度もお休みしては復帰するを繰り返してきたけれど、自転車乗りと同じで、基本はしっかり体(脳みそ)が覚えているものなんだなあといつも思ってしまう。

c0179853_09452570.jpg

 左上隅は白に囲まれてまったく入れ込めなかったけれど、左下隅から中央にかけて、白6子を取り込んで、大きく囲むことができた。

 しかし囲んだはずの右上隅に白に入られると、すぐにオタオタしてしまう。ここで、ヒントを見てしまった…。そして右下隅、上手に打ち込めば、白を全滅することが出来たのではないだろうか。詰碁が苦手で、だから碁盤隅の攻防が全くできないというのが、よくわかる結果だ。





[PR]

by miman57 | 2018-03-01 09:53 | 囲碁日記 | Comments(0)

囲碁パズル(4路盤)

c0179853_08450742.jpg


 縫い物をしながら、囲碁パズル(4路盤)を解いている。

 前回は、☆の№1~№22までで、まあまあ簡単だったが、今回は☆☆。
 私の実力から考えて、☆は15級より簡単な問題。で、☆☆となると15級から10級くらいの問題かな。

 ☆☆は№23~№40までの18問で、うち6問が解けなかった。
 前回と同じように、頭で考えたことを言葉にして、紙に書いている。
 裏側にもぎっしり書いている。(笑)

 詰碁って、本当は、簡単な問題で瞬時に答えを出すというのを繰り返すのがいいらしいのだけど、その方法では、いまいち成果が見えづらく、飽きてくるのだなあ。たぶん、その方法だと、人と対戦していて、「あれ、私、いつの間にか強くなっている!」ってじわじわとわかるのだろうけれど、人と対戦しない私には、簡単な問題を繰り返し解くというのは、退屈なうえにそのじわじわ感もない。

 ところで、詰碁をやっていて、何がいちばんよいかというと、「自分の目は節穴で、自分の脳みそはザル」ってことが、時に泣きたいくらいによくわかるということだ。

 ものすごく考えた末の自分の黒石の一手に、白石は自分の考えつかなかった反撃をしてくる。冷静になって考えたり解答をみたりすれば、「ああ、その一手があったよな。当然だわ」とわかることなのに、私の目は節穴で私の脳みそはザルだから、考えが及んでいないのだ。

 これって、詰碁と関係のない普段の生活にも言える。
 政治家本人・皇室関係者本人と面と向かって会話できない政治ネタや皇室ネタ、そして卑近なところではご近所さんの噂話での憶測は、あくまでも自分で考えられる範囲の憶測でしかないのだ。意外や意外、こちらが思いもしなかった真実が、本人に確かめるとぞろぞろ出てくるものだ。

 直接本人からの情報が得られないことを、あれこれ憶測して分析しても、相手の口から語られたたった1つの真実でみごとに逆転する。
 まるで、詰碁の問題のようだと、時々、思う。

 



[PR]

by miman57 | 2018-02-21 08:48 | 囲碁日記 | Comments(0)