終わりでなかった<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>

c0179853_07062277.jpg

 のんびりと子ども用マスクを縫いながら、縫い物のエンジンがかかるのを待っていたら、夜の8時に電話がかかってきた。「ミマンさん、<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>をあと15個、お願い!」って。

 <牛乳パックで作るお薬手帳入れ>については、乗りかかった舟と思い、向こう岸に着くか、船底に穴があいて沈没するまで、(笑)、やりぬくと決めているので、「はい、いいですよ」と、気持ちよく引き受けた。

 <牛乳パックで作るお薬手帳入れ>については、もうここまで作り込むと、作り方の過程についてはなんの新しい発見もないし、あれこれと考察することもない。それで、視点を変えて、人間ウオッチングです。

 私の手作り作品販売営業部長(夫)が、「7月から、新しい店も増えたのに、そんなことにかかりっきりでどうする。新しい作品を作れ」と煩い。それで私も言った。「私は、最後まで引き受けると決めた。文句あるのなら、私ではなく、直接、女性部の役員さんに言ってくれる?」

 そして、追加の15個を役員さんが持ってこられた時、私は家にいなかったので夫が応対した。「ちゃんと、言いたいことを言ったよね?」と、あとで夫に聞いたら、「それは丁寧に頭を下げられて、『奥さんに、ご無理お願いしています』と言われたので、『妻には、頑張るように言っておきます』と、わしも答えた」との返事。

 夫は神社総代として、地域女性部役員さんたちとは顔見知りで、そのうえにお祭りのたびに彼女たちにはそれはそれはお世話になっているのだ。夫の返事を聞いて、北野武のように「「ばかやろう! このやろう!」としか、私も言えなかったわ~~。(笑)

 そして、私も口が軽い性格なので、「これだけ作ったら、あとで、きっといいことありますよね?」と、冗談のつもりで役員さんに言ったら、「ええ、いいことがありますので、楽しみにしてください」との返事。

「ごめん、ごめん。ほんと、冗談で言ったのよ。私の口、すぐにそういうことを言いたがる、困った口なのよ。気にしないでね」と、慌てて言うと、「いえいえ、可愛いお口です」と、まじめな声で間髪入れずの返事。

 そう言った人は、私より10歳以上若い。
 彼女、頭、いいんだろうなと思う。そういう頭のいい若い人、私は好きだ。

 

[PR]

# by miman57 | 2018-07-19 07:08 | 作ったもの | Comments(0)

調理台は調理するところ

c0179853_07405163.jpg
c0179853_07405549.jpg

 <牛乳パックで作るお薬手帳入れ>を作りながら、「これが終わったら…」ということを夢想していた。

 1つは、子どもメダカを親メダカの水槽に移すこと。
 これは、完了!

 もう1つは、台所の流しの上の吊戸棚の中の、乾物や調味料の買い置きの整理。
 今まで、段ボール箱を利用した箱に3つ分あったのを、今回、2つに縮小することに成功!
 
 乾物や調味料、スーパーで安売りをしていると、「どうせ、いるものだから…」と余分に買ってしまう。この体に染みついた主婦の習慣、なかなか治らない。

 でも、老夫婦の2人暮しだ。

 かつお節を買い忘れていたって、お醤油が切れていたって、100%主婦の責任と思って慌てふためくことなんかない。「あちゃ~~、おかず一品減ったわ~~」と言っても、夫も反応が鷹揚になった。そりゃそうでしょう、文句言ったら、「じゃあ、自分で作ってみる?」という言葉が返ってくるだけだもの。(笑)

 …ということで、もう少し調味料と乾物の買い置きを減らしたら、アフタヌーンティーで素敵な籠とそれから砂糖と塩を入れる可愛い瓶を買いたいなあ。

 ところで、今回の大雨でテレビで断水のニュースをよくみる。そして、「水が出ません。困っています」と言って、お年寄りの家の台所の映像が流れる。

 映像の流しの横の調理台の上は、溢れんばかりのいろんなものでいっぱいだ。
 映像を見ていて、「調理する時、まな板をどこへ置いているんだろう? 切った物を入れるボールを置く場所あるのかなあ?」と、断水の大変さとともに、そちらのほうも心配になる。

 調理台とは調理するところなのだ。

 

[PR]

# by miman57 | 2018-07-16 07:44 | 断捨離 | Comments(2)

子ども用マスクが6枚

c0179853_06455056.jpg

 ミシンもロックミシンも修理から帰ってきて、「さあ、縫い物をがんばろう!」とは思うものの、エンジンがかからない…。

 <牛乳パックで作るお薬手帳入れ>を作る前、肩掛けバッグ試作品に燃えていたのになあ。頭の中にいっぱいあったと思うアイデアが、空白の1か月でどこかへ飛んで行っちゃった。(>_<) 

 それにその時に広げていた布やら洋裁小物を片づけるために、まとめて籠の中に放り込んだので、何もかもがぐちゃぐちゃ状態。布なんか、アイロンをかけ直さないと、しわくちゃだ。

 これを片づけながら、やる気スイッチが入るのを待つしかないなあ。

 …ということで、その籠の一番上にあった縫いかけの子ども用マスクを、とりあえず6枚完成させてみた。

 営業部長(夫)が、「真夏にマスクを縫わなくても。あれを縫え、これを編め」と横でうるさく言っていたけれど、わかっちゃいるけど、まずはエンジンをかけなくちゃ…です。

 でも以前の私だと、こういうふうにやる気ストップ状態になってしまったことに、ものすごく腹が立っていたのだけど、年をとって、人間がだいぶ丸くなったようです。

 この1か月、けっこう楽しかった。
 
 
 

 

[PR]

# by miman57 | 2018-07-15 06:48 | 作ったもの | Comments(0)

メダカ&シジミ

c0179853_07531419.jpg

 昨夕、<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>34個を、近所の役員さん宅まで届けた。
 部長さんからも、「ミマンさんにお願いしていた作品・・・すべて丁寧に作業されていて本当に完璧なので、いつも感心して感謝しております」というメールをもらった。ヽ(^o^)丿

 1か月近くかかわっていた<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>作りも、これで終わったのだ!

 …ということで、終わったら一番したかったこと。
 この春に孵化したメダカの子どもたちを親のいる水槽に戻す、ということをした。

 メダカの子ども達、数えたら14匹もいた。
 親は4匹なので、合計18匹のメダカが泳ぐ様は、なかなかに可愛い!

 ところで、5月29日のブログに、メダカの水槽にスーパーの鮮魚コーナーで買ってきた<シジミ>を入れたことを書いたのだけど…。スーパーで食用として売っている<シジミ>は、川の河口近く淡水と海水の混じる所にいるものなので、メダカの水槽では生きられないとあとで知った。

 でも、<シジミ>1匹が生き残った。
 それでもしやと思い、またスーパーで買った<シジミ>を入れてみたら、また1匹、生き残った。
 結論として、30匹に1匹の割合で生き残る感じ。

 現在、水槽の砂利の中には、2匹の<シジミ>がしぶとく生きている。
 淡水の環境に強いものが生き残ったのだろう。
 このようにして、生物って、環境に合わせて子孫を残していくだなあと、ちょっと感激した。

 地球が温暖化しようが、オゾンホールが破壊されようが、その環境に適応して、生物のDNAは脈々と受け継がれていくのだ。いつも思うのだが、『地球にやさしい環境』という言葉はちょっと違う。『いま、繁栄している生物に対してやさしい環境』が正しい。

 しかしながらどのように地球の環境を憂えても、どのみち、雌雄で子孫を残す生物は、その仕組みに長年の劣化が起きつつあるので、滅亡するしかないらしいのだけど…。

 

 

[PR]

# by miman57 | 2018-07-14 07:56 | 日々に想う | Comments(0)

これで終わりだ!<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>

c0179853_03013529.jpg

 町内敬老会プレゼントの<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>。

 前回の10個を1週間で作って、今回の34個には2週間かかった。
 全部で220個~250個くらいと、必要な数がはっきりしないのは、出来上がったものでも不出来で使えないものはハネるからなようだ。

 作るのが大変だっというよりは楽しかった。
 この3週間、やらなくちゃいけないことがあって、まるで目の前に人参をぶら下げられた馬のように走るしかなかったというのも、これはこれで充実した日々だった…。もしかしたら、明日から<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>ロス症候群に陥るかも。(笑)

 ところで、<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>をつくるために講習会なるもの2回、それから<みんなで集まって作りましょう会>が2回あった。

 この<みんなで集まって作りましょう会>は、地域の親睦会も兼ねていたので、初回参加者は作った物を1個持ち帰ることが出来る。それで、私は家で内職か?というほど作っていることもあって、この会では初回出席者に作り方を教えてあげる係を担当した。

 その席で、「ミマンさん、教え方上手!」って言われたことは前回のブログで書いたのだけど、2回目の会のこと、集会場の戸を開けて、「さて、今日はどこに座ろうかな?」と部屋の中を見回していたら、「先生、ここに座って! 先生、ここに座って!」と思いもかけない先生コールが!

「えっ、先生って? 私のこと?」と、まあ冗談もあったのだろうけれど、今までの引き籠りの自分のあれやこれやの人生が一瞬走馬灯のように脳裏を横切り、ちょっと感激してしまった。

 そして、「こんなに素敵なものができるなんて、正直、初めは思っていなかった。嬉しい。ありがとう」という言葉を2回にわたって聞かせてもらって、私もほんとうに嬉しかった。

 …と、その感激を3日間味わって、こうして頼まれものの<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>を合計で44個完成させて、ちょっと落ち着いた。それで少々冷静になって思うことは、「先生と言われたって、1円にもならんわなあ…」ということ。(笑)

 手作り作品委託のお店も3軒になったことだしで、明日から、こちらのほうを頑張ります!
 




[PR]

# by miman57 | 2018-07-13 03:05 | 作ったもの | Comments(2)

カーブス(フィットネスクラブ)

 今年になって、これからの老後の生き方について考えることがあって、2つのことを自分に課した。

 1つは、家から出ること。家から出て、人と付き合うこと。
 2つは、頭が冴えて縫い物のはかどる午前中を、もったいないとは思わずに、積極的に外出と運動にあてること。

 うつ病になったり体力がなくなったりでは、やりたいことがあっても出来ないのだと気づいた。若い時は閉じ籠りでも運動嫌いでも、日常生活に影響は出にくいが、この年齢になると、もろに心身の病気に直結してしまう。

「若い時はそんなことなかったのに…」とぼやいていてもどうしようもない。年をとったのだから。
 …ということで、地域の活動にもまじめに参加しているし、カーブス(フィットネスクラブ)にも出来る限り行くようにしている。

 カーブスに入会したのは12年か13年前。でも、とてもとてもまじめな会員とはいえないので、ブログにもあまり書いたことがない。(-_-;)

 開店以来の会員で、会員ナンバーは28番だ。
 10年目で会員カードがゴールドからプラチナに替わった時、私より古い人が7人いたが、それから2年が過ぎて、私より古参の人は1人だけとなってしまった。

 老人には『キョウイク(今日行く所)』と『キョウヨウ(今日の用事)』が大切という言葉を初めて聞いた時、そんなことない、家の中で一人でも私は充分に楽しいと思ったけど、今は『キョウイク(今日行く所)』と『キョウヨウ(今日の用事)』の大切さを痛感している。
 
 したいことなんて、いつでもできると思って、結局はしないものだ。人の生活って、したいことではなくて、しなくちゃいけないことで成り立っているんだなあと思う。

 カーブス(フィットネスクラブ)のポイントが溜まったので、Tシャツと交換した。

c0179853_12360871.jpg




[PR]

# by miman57 | 2018-07-10 12:38 | 日々に想う | Comments(0)

止まない雨の恐怖

 今朝、久しぶりに青空を見た。

 それにしても、雨が降り続けたのは、3日間?4日間?。
 降り始めの時はこんなことになると思っていなかったから、始まりを覚えていない…。

 雨雲の様子が知りたくてテレビをずっとつけていたら、次々と土砂崩れや浸水の画面が放映されて、胃が痛くなった。ほんとに土砂降りの雨が何日も止まないって、恐怖だ。

 隣町に避難指示が出たけれど、私の住む町では何事もなかった。

 気になるのは、家の前を川が流れている長女の家のことで、昨年の秋の大雨の時は、「川が溢れそう!避難勧告出た!」と焦ったメールをもらっている。しかし、テレビの雨雲情報を見ていると、今回は大丈夫そうだった。

 しかし、夫の実家のある県の南が大変なことに!
 テレビの画面で、見覚えのある景色や道が、泥水の中に沈んでいた。

 義妹からは、家の前の道が濁流渦巻く川に変貌してしまった、恐怖の電話が。
 そして親戚の家が1軒床下浸水。しかしながら、停電で2日間も連絡のつかなかった義兄さんの家とも、昨夜、電話で話すことが出来てほっとした。

 ただし、県内では多くの人が亡くなり、いまだに行方不明の人もおられる。
 年をとるとすごく感情移入しやくすくなっているので、テレビ・新聞の情報に体調を崩してしまった。






[PR]

# by miman57 | 2018-07-09 07:08 | 日々に想う | Comments(2)

『水滸伝(一)』(北方謙三)

c0179853_07225731.jpg

 峰隆一郎の『人斬り弥介』シリーズ3冊を読み終えて、本を読む楽しさを思い出した。
 それで今度は、『水滸伝(一)』(北方謙三)を買ってみた。最後まで読めば、19巻まである。
 
 北方謙三の作品は読んだことがない。いや、週刊誌を読むついでに、連載小説の一部をぱらぱらと読んだことがある。その時は、続けて読みたいとは思わなかった。

 私は、だらだらと長い文章が好き。プツンプツンと包丁でぶった切ったような文章は苦手。
 そして、ネチネチとした描写が好き。人物が登場したら、その性格や容貌の描写はもちろんのこと、その人物の服装や持ち物についても、詳しい描写が欲しい。山や川や街には絶対に名前をつけて欲しいし、家が出てくればその間取りや置かれている調度品についても知りたい。

 残念ながら、北方謙三の小説にはそれがないように思う。

 それでも『水滸伝』を読むぞと決めたのは、『三国志』の世界は知っているし、『史記』の世界も知っているうえに、現在、カルチャーセンターで勉強中。しかしながら『水滸伝』は華流時代劇のテレビドラマで見ただけだったので。中学生頃に父が持っていた吉川英治ので読んだことがあるかもしれないが、まったく覚えていない。

 それと今、華流時代劇大好きが高じて、その時代を背景にした小説をぼちぼちと書いている。宮廷ものではなく市井ものだ。それで『水滸伝』(北方謙三)が参考になればと思った。
 
 しかしながら、『水滸伝』(北方謙三)には、服装やら家の間取りやらのちまちまとした描写がない。でも、考えようによっては、私の想像力が試されるということでもあるので、それはそれでいいか…。一番助かるのは、人の名前と地名。適当に参考にさせてもらおうっと。

 …ということで、華流時代劇小説を書いています。
 そのうちに、カテゴリを立てて、進捗状況を記録したいなあと思っている。そうだった、毎日2杯は飲むコーヒーと砥部焼マグカップと手作りコースターのコラボで、こちらもカテゴリを立てる予定だ。

 でもいまは、引き受けてしまった<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>34個の完成のことで、頭も手もいっぱいいっぱい状態。

 

[PR]

# by miman57 | 2018-07-06 07:28 | 華流&韓流 | Comments(0)

子ども達一家との付き合い方の変化

 小学校が休校だった孫たちを連れて、長女が日帰りで我が家に来た。我が家で少しお喋りして、その後、みんなで郊外の大型ショッピング施設へ。

 この1年、車で普通道を走ると1時間とちょっと離れている所に住んでいる長女が、日帰りで我が家に来ることが多くなった。そのぶん、私達が長女の家に行くことが少なくなった。

 1年前までの長女は、「小さい子どもたちを連れて、実家に日帰りなんて、忙しくて嫌」と言っていた。そして、長女の家の空き地で畑仕事をしていた夫は、月に2回は長女の家に通ったものだ。

 この1年間での変化は、やはり私たちが歳をとり、孫たちが大きくなったということだろうと思う。時間の流れとともに、長女一家との付き合い方に変化が生じたということだ。

 付き合い方に変化といえば、私達と同じ市に住んでいる長男一家とのこと。

 孫が夫のことを大好きで、小学校2年生まで、月に1度はお泊りに来てくれていたので、その時にお嫁さんとも会っていた。それが孫の成長と、長女の婿殿の失職や大病があって私たちの気持ちが長女一家のほうに向いてしまい、はっと気づくと長男一家の誰とも何か月も会っていないということがざらとなり…。

「もう待っていても、長男ところの孫はお泊りに来てくれない。それならこちらから会いに行くしかない」と最近気づいて、お菓子や果物やお小遣いを持って、月に1~2度、長男ところの孫にこちらから会いに行くようにした。マンションのホールでの短いお喋りだが、他人行儀になりつつあった関係から脱却し始めたように思う。

 同居していない成長した子ども達一家と老親の間柄って、時々はその関係を見直して、付き合い方を意識的に変えていかないと、静かな海面でもやいが切れた船のように、気づかぬうちに少しずつ離れていくもののように思われる。


 長女からやっと母の日のプレゼントのコーヒーを買ってもらった。お嫁さんのプレゼントと重なるので、ずらしてもらっていたのだ。

 スターバックスの『エチオピア』と『コモドドラゴン』。
 私はペーパーフィルターで淹れるのだけど、豆を細かく挽くと濃すぎて胃に堪えだしたので、ほんの少し粗目にしてもらっている。
 
c0179853_09590421.jpg


 

[PR]

# by miman57 | 2018-07-05 10:02 | 日々に想う | Comments(0)

『人斬り弥介』峰 隆一郎

c0179853_12063514.jpg

 手作り作品を置かせてもらっているお店の横が金券ショップで、その一画に本箱が据えられていて、古本が売られている。

 本を読むということにまったく興味を失くしてしまい、老後の楽しみにと集めていた100冊近い文庫本も処分してしまったのだけど、久しぶりにそこで古本を手に取ったら面白そうだったので、とりあえず1冊買ってみた。そして面白かったので、また2冊買った。

 『人斬り弥介』峰 隆一郎。
 調べてみたら、作家の峰 隆一郎さんはすでに亡くなっておられた。

 私は欧米の翻訳ミステリー小説しか読んでこなかったので、チャンバラもの、すっごく新鮮で面白いです! 本に書かれている刀の構えを、竹の物差しを振り回して、再現して、遊んでいます。(笑)

 私はチャンバラ小説は読んだことなかったので、今回、2つのことを知った。

 剣道の技ありで、「メン」と「ドウ」はわかるのだけど、「コテ」がどうして1本なのかわからなかった。手首を切られても、致命傷にはならないないと思っていた。でも、手首を斬られたら、刀が持てない。刀が持てないと、相手に斬られるしかないのだ。

 それで、この『人斬り弥介』シリーズでは、敵方の手首が斬られる、斬られる…。刀を持ったままの手が、ばっさばっさと斬り落とされて、宙を舞う…。

 それと、<とどめ>。
 昔の医術では、内臓を損傷したら、長い間を苦しんだあげく死ぬしかなかったのか。刀で戦う時代の映画やドラマの戦場では、戦いの後に<とどめ>をさしてまわるシーンが時々あって、「なんと残酷な」と思っていたけれど、あれは情けでもあったのか。

 …と、活字で追う残虐なチャンバラシーンは、面白く読める。

 しかし、先日、映画『ハクソー・リッジ』(沖縄戦で負傷兵を助けたアメリカ人衛生兵の感動ストーリー)をDVDで見たのだけど、その後、二晩ほど、魔犬に襲われてばらばらになった人体とか、切り取られた手足が山積みなった手術室とかの夢を、総天然色でみてしまった。(>_<)

 頭の中で想像するよりも、目で実際に見てしまったものは、衝撃が大きいのだなあ。

 



[PR]

# by miman57 | 2018-07-03 12:10 | 本・映画・ドラマ | Comments(0)